海外旅行チェコ

【2023年情報】チェコ・プラハのクリスマスマーケットの会場とイベントを解説

※当サイトは記事内に広告を含む場合があります。

海外旅行

プラハで開催されるクリスマスマーケット。美しいプラハの街並みにイルミネーションが映えて幻想的な雰囲気になります!

初めてプラハのクリスマスマーケットに行く人は、「どの会場に行けばいいの?」「必見ポイントはどこ?」と迷ってしまいますよね。

今回、プラハのクリスマスマーケット観光に役立つ情報を解説します。

行く前に各会場や見どころポイントをしっかり押さえて楽しんでくださいね!

2023年情報:プラハのクリスマスマーケット

クリスマスマーケット会場のマップ

プラハのクリスマスマーケットのメイン会場は以下の2つ。

  • 旧市街広場
  • ヴァーツラフ広場

Google Mapsに示すと以下の2か所です。

その他にもプラハ城前などに小さい会場がありますが、メイン会場の2つを抑えておけば十分楽しめます。小さい会場も行きたい方は、公式サイトで場所と開催日時をチェックしてくださいね。

>> プラハクリスマスマーケット公式サイト

クリスマスマーケットの開催日時

2023年12月2日ー2024年1月6日
10時ー22時
入場料無料

クリスマスイブ、クリスマス当日、大晦日、元旦すべて開催されます!

ドイツをはじめとするクリスマスマーケットは12月24日より前に終わってしまうことがほとんどです。年末年始休みにクリスマスマーケット&旅行をする人には、プラハはとってもおすすめです◎

プラハのおすすめ宿泊エリアは?

プラハ観光するなら、ホテルは以下のエリアに取るのがおすすめです。

旧市街広場…プラハ観光の中心地。観光スポット、レストランが周辺に多いので観光に最適です。プラハ駅も近く、他の都市に移動するにも便利で◎

カレル橋の西側…プラハ観光の中心からやや離れますが、旧市街広場も徒歩圏内。旧市街広場よりもホテルの価格が安いです。プラハ城が近いので、プラハ城をしっかり観光したい人におすすめ!

特におすすめは旧市街広場!観光向けのエリアなのでホテルの種類が多いです。チェコはそこまで物価が高くないため、観光地近くのホテルでも高すぎなくて◎

もっと詳しく宿泊エリアやおすすめホテルを知りたい方は、プラハ観光向けのホテルを解説した記事をチェックしてください。

中欧のクリスマスマーケットは規模の割に人気があるので、ホテルが埋まってしまう前に早めに予約しましょう。

プラハのクリスマスマーケットの会場

2022年にプラハのクリスマスマーケットを訪れたときの情報をまとめました。毎年似たような構成になるので、参考にしてくださいね。

旧市街広場のクリスマスマーケット

プラハのクリスマスマーケットで一番メインになるのが旧市街広場!

  • 屋台が集まっている
  • イルミネーションやクリスマスツリーが綺麗
  • ステージ演奏もある
  • 天文時計の展望台から見下ろすのもオススメ

といった見どころがあります。とりあえずこの会場に行っておけば、プラハのクリスマスマーケットを満喫できるので◎

毎年テーマが決まっていて、それに合ったイルミネーションが飾られます。2022年は「天国のクリスマス」がテーマでした。

いろんなところに天使のイルミネーションが飾られていました。チェコの建物や教会の雰囲気と合っていてとっても綺麗!

巨大なクリスマスツリーもありました。

毎日16:30に点灯式があり、イルミネーションと音楽のちょっとした演出があります。点灯式は17:30、18:30、19:30、20:30、21:30にも行われるので、時間を合わせて観てみてくださいね。

※点灯式の時間は年によって異なる可能性があるので、公式サイトをチェックしてください。

旧市街広場ではステージ演奏も行われていました。私が行ったときは、クリスマスソングの演奏が聴けました。

おすすめなのが、天文時計の展望台から旧市街広場を見下ろすこと!クリスマスのイルミネーションやプラハの街のライトアップがとっても綺麗なんです…!

 

特に夜景がきれいなので、夕方~日没後に行くのがおすすめです。が、人気なだけあって混みあいます。

天文時計の展望台に登るには、

  • エレベーターを使って登る
  • 徒歩で登る

の2パターンあります。入場チケットとエレベーターのチケットは別になっているんですが、エレベーターのチケットを買うのにかなり並ぶんですよね。体力を残しておいて、徒歩で登ると◎

私は旧市庁舎内の観光&天文時計の展望台がセットになった入場チケットを使いました。

>> 旧市庁舎&天文時計入場チケット

窓口で引き換えをして、それぞれのチケットが手に入ります。

このチケットがあれば、好きな時間に並ばずに天文時計の展望台へ入場できました。ただし、エレベーターはついていないので、徒歩で登ることになります。

プラハのクリスマスマーケットの必見スポットなので、ぜひ天文時計に登ってみてくださいね。

ヴァーツラフ広場

2つ目のメイン会場はヴァーツラフ広場。国立博物館前の大通りに屋台が立ち並びます。

国立博物館のライトアップと、街路樹に飾り付けられているイルミネーションがきれいでした。

旧市街広場ほどは大きくありませんが、ツリーも設置されています。

旧市街広場から徒歩10分くらいで行けるので、2つの会場をハシゴしてみましょう。

その他の会場

その他にもいくつか小さい会場があります。わざわざ行く必要はないかな?と感じますが、観光中に近くに行くことがあれば立ち寄ってみてください。

プラハ城周辺

プラハ城の前や、プラハ城敷地内のイギー教会前に、こじんまりとしたクリスマスマーケット会場がありました。観光でプラハ城に行く人は立ち寄ってみると◎

イギー教会前の会場はプラハ城の敷地内にあるため、プラハ城の入場チケットを持っていないと入れないので注意してください。

聖リュドミラ教会前

ヴァーツラフ広場から東に徒歩10分のところにある聖リュドミラ教会。ここにも小さなクリスマスマーケット会場がありました。

ここで紹介した2つの会場以外にもいくつかあるようなので、公式サイトでチェックしてみてくださいね。

>> プラハクリスマスマーケット公式サイト

プラハのクリスマスマーケットで食べたい郷土料理

プラハのクリスマスマーケットでおすすめしたいのが食べ物!お肉もスイーツもとってもおいしいんです…!

クリスマスマーケットで出店される郷土料理をまとめたので、ぜひ楽しんでくださいね。

トゥルデルニーク(trdelník)

プラハの郷土料理として有名なのがトゥルデルニーク。パンを棒にくるくると巻いて焼き上げたスイーツです。

周りにお砂糖がついていて、甘くておいしいです。焼きたてなのも嬉しいポイント!

チョコレートをトッピングすると、中の空洞部分にたっぷりとチョコを塗ってくれます。チョコがあると一気に食べるのが難しくなるので気をつけてくださいね。ウェットティッシュを持っていきましょう。

クリスマスマーケットの屋台としても、常設の店舗としてもよく見かけます。店舗だとアイスクリームなどの凝ったトッピングもありますよ。

プラシュスカーシュンカ (Pražská Šunka)

プラシュスカーシュンカは英訳するとプラハハムで、ローストハムのことを指します。大きな塊肉が屋台のそばで燻されていて圧巻です!

 

注文はグラム単位で、その場で切り分けてくれます。

大きなハムとパンといったシンプルな盛りつけ。ですが、このハムとっても美味しいんです…!肉厚でジューシーで、ほんのりと燻製の風味も。肉好きにはたまらない料理です。

クロバーサ (klobása)

クロバーサはチェコのソーセージのこと。クリスマスマーケットでは定番メニューですが、チェコのクロバーサはパリッと感があって味もしっかりついていておいしいです。

ピリ辛、ハーブ、チーズ入りなど、味の種類も多いので食べ比べてみてくださいね。

ランゴシュ (langoš)

ランゴシュはハンガリーの伝統料理で、チーズ・ガーリック・ケチャップなどをトッピングした平たい揚げパンです。

一見ピザのようですが、揚げパンなのでかなりどっしりと来ます。しかもサイズが大きめ!片手で持つのが難しいくらいのサイズでした。一人では食べきれないくらいのボリューム&重さなので、シェアして食べるのが◎

おすすめの観光方法

プラハのクリスマスマーケットは規模が大きくありません。旧市街広場&ヴァーツラフ広場の2か所を抑えておけばOKです。

クリスマスマーケットは夜に散策するとして、昼間はプラハの観光をするのがおすすめ!

  • 中世の美しい街並み
  • 内観が美しい教会
  • 圧巻の地下都市

など、見どころたっぷりの街です。ぜひ楽しんでくださいね。

>> プラハ観光のモデルコース

プラハのクリスマスマーケットの注意点

寒いので防寒装備が必須

ヨーロッパの冬はとっても寒いです。クリスマスマーケットは夜が本番なので、カイロ、暖かいアウター、ニット帽、手袋でしっかり対策してくださいね。

特に足元の冷えが辛かったです…。ヨーロッパは石畳が多く、足元から冷えやすいです。靴下の2枚重ねや、足用カイロで対策しましょう。

また、冬のヨーロッパは天気が悪く、雨か雪が降ることも多いです。小雨ならフードで対応、本降りなら折り畳み傘で対応しましょう。

現金が必要になることも

プラハは、屋台・店舗・トイレで現金が必要なケースがありました。あらかじめいくらか両替しておきましょう。

チェコの通貨はチェコ・コルナですが、ユーロでもOKな場合がほとんどでした。

  • チェコしか観光しない人…チェコ・コルナの現金を用意しておく
  • 他の国も周遊する人…ユーロの現金を用意しておく

いずれの場合でも、手元に少量の現金を用意しておくと◎

まとめ

以上、プラハのクリスマスマーケットを解説しました。ポイントをまとめると、

  • メイン会場は旧市街広場とヴァーツラフ広場の2か所。
  • 天文時計の展望台から旧市街広場を見下ろすのがおすすめ!
  • 食べ物がおいしい
  • おすすめの観光方法:昼にプラハ観光 ⇒ 夜にクリスマスマーケット巡り
  • 注意点:①寒いので防寒装備をしっかり、②現金の用意

プラハの美しい街並みに合った幻想的なイルミネーションに、おいしい料理と大満足のクリスマスマーケットでした。プラハは魅力的な観光スポットも多い街なので、ぜひいろんな角度から楽しんでくださいね!

おすすめ記事

▼プラハ観光のモデルコース

▼プラハ観光に最適な宿泊エリア&おすすめホテル

コメント

タイトルとURLをコピーしました