海外旅行イギリス

これで完璧!ロンドンのモデルコース・必要日数・観光スポットを徹底解説

※当サイトは記事内に広告を含む場合があります。

海外旅行

歴史的・文化的に重要な観光スポットがたくさんあるロンドン!その他にもイギリスらしい赤いバスの風景やアフタヌーンティ、ハリーポッターなどいろんな楽しみ方ができる街です。

ロンドンに行くことにしたけど、「観光スポットが色々あって決められない」「スムーズに観光するにはどうすればいいの?」と迷ってしまいますよね。

今回、ロンドン観光のプラン作成に役立つ情報を解説します。

ロンドン観光をお得にするロンドンパスも解説しています。ロンドンパスを最大限に活用しつつ、王道観光スポットを巡るモデルコースを紹介するので、プラン作成の参考にしてくださいね。

ロンドン観光の必要日数とモデルコース

ロンドン観光の予定を立てるときに知っておきたい

  • ロンドン観光の必要日数
  • 観光のモデルコース
  • 観光がお得になるロンドンパス

を解説します。

ロンドン観光には何日必要?

しっかりロンドンを観光するなら4日の滞在がおすすめです観光スポットが多く、有名な場所を巡るだけでも4日くらいかかります。

  • 有名な博物館&美術館巡り(無料施設)…1~2日
  • ランドマーク&観光施設(ロンドンパスを使用)…2日

さらにロンドンから足をのばして、

に行くのもおすすめです。どちらもロンドン発の日帰りツアーがあります。

ロンドン観光4日間王道モデルコース

ロンドンを3泊4日で観光するモデルコースを紹介します。

  • 1日目…無料で観光できる博物館&美術館へ
  • 2&3日目…ロンドンパスを使って主要な観光スポットを観光
  • 4日目…ロンドンの西側にあるストーンヘンジやウィンザー城へ

という観光プランを組みました。

ロンドンパスを使う日を2&3日目に集めることで、個別にチケットを買うより£71.8も安くなるようにしてあります!このモデルコースを参考にするなら、ロンドンパスを活用しましょう。

>> ロンドンパスを詳しく知りたい人はこちら

1日目に行く場所を青、2日目を緑、3日目を赤、4日目をオレンジのピンでGoogle Mapsに記しました。モデルコースに入れなかった観光スポットは灰色の★印で示しています。

タイムラインは以下の通り。

モデルコース1日目

イギリスは、博物館・美術館を無料で開放しています。なぜなら、歴史を後世に伝える重要な遺産は、より多くの人に知ってもらうべきだと考えているから!1日目は、無料で行ける観光スポットをメインに組みました。

お昼はイギリスで本場のアフタヌーンティーを楽しみましょう!有名店は予約がすぐ埋まるので、早めの予約が吉◎

ロンドン観光1日目
  • 11:00-12:00
    バッキンガム宮殿の衛兵交代式 ▻詳細
    無料で観られる衛兵交代式!最前列でみるなら1時間半くらい前から場所取りを。
  • 12:00-14:00
    本場のアフタヌーンティーを体験 ▻詳細
    本場のアフタヌーンティーで豪華な食事とサービスを体験しましょう。
  • 14:30-16:00
    大英博物館 ▻詳細
    歴史上の重要なコレクションが集まる大英博物館。
  • 16:30-18:00
    ナショナルギャラリー ▻詳細
    ゴッホのひまわりなど有名作品が多く展示されています。
  • ディナー

モデルコース2日目

2日目&3日目はロンドンパスを効率的に使いつつ、有名な観光スポットを巡るプランです。

セントポール大聖堂、タワーブリッジ、ロンドン塔、どれもロンドンパスで無料で入場できます。

ロンドン観光2日目
  • 8:30-10:00
    セントポール大聖堂 ▻詳細
    イギリスの歴史的に重要な瞬間の舞台として使われてきたセントポール大聖堂。美しい内装は必見です!
  • 10:30-11:30
    タワーブリッジ ▻詳細
    ロンドンの有名なランドマークです。2つの塔をつなぐガラス張りの歩道を歩いてみましょう。
  • 11:30-13:00
    ランチ
  • 13:30-16:30
    ロンドン塔 ▻詳細
    イギリス王室の光と影を物語るロンドン塔で、ロンドンの歴史を学びましょう。
  • 17:00-19:00
    テムズ川クルーズ ▻詳細
    ロンドンの街をテムズ川から眺める人気の観光アトラクション。

モデルコース3日目

3日目もロンドンパスを使用してお得に観光します。

ウェストミンスター寺院、グリニッジ天文台、国立海事博物館、カティサーク号、テムズ川クルーズ、どれもロンドンパスで無料で入場できます。

グリニッジ天文台に興味がなければ、ウェストミンスター寺院周辺のロンドンパスが使える観光スポットを巡ったり、ショッピングに変更しても◎

ロンドン観光3日目
  • 9:00-11:00
    ウェストミンスター寺院 ▻詳細
    イギリスの戴冠式や葬儀の場所として使用されてきた伝統的な場所です。
  • 11:00-12:00
    ランチ
  • 13:30-14:30
    グリニッジ天文台 ▻詳細
    セカイの時間の基準となる本初子午線が通る場所です。
  • 14:30-15:30
    国立海事博物館(オールド・ロイヤル・ネイバル・カレッジ▻詳細
    イギリスの大航海時代を支えた場所で、海軍の歴史を学べます
  • 15:30-16:30
    カティ・サーク号 ▻詳細
    世界最速を誇ったカティ・サーク号!

モデルコース4日目

4日目は、ロンドン発ウィンザー城&ストーンヘンジ&バースの日帰りツアーを利用したプランです。個人でそれぞれ手配するよりも効率的に観光できるので、利用を検討してみてくださいね。

ロンドン観光4日目
  • ウィンザー城 ▻詳細
    イギリス最大&最古の公邸のひとつ。
  • ストーンヘンジ ▻詳細
    円形に並べられた巨大で神秘的な石。
  • バース ▻詳細
    紀元前から温泉地として栄えたバース。今でも温泉が湧き出ています。

その他観光スポット

モデルコースには入れなかったものの、人気のある観光スポットは以下の通り。Google Mapsに灰色の星印で示した観光スポットです。

・ロンドン・アイ ▻詳細
・キングス・クロス駅(9と3/4番線)▻詳細
・ハリーポッタースタジオ ▻詳細
・ロンドン自然史博物館 ▻詳細
・ビクトリア・アルバート博物館 ▻詳細
・科学博物館 ▻詳細
・キュー王立植物園 ▻詳細
・ケンジントン宮殿 ▻詳細
・ハンプトン・コート宮殿 ▻詳細
・アビーロード ▻詳細
・マダム・タッソー館 ▻詳細

お好みに合わせてプランに入れてみてくださいね。

シーズンによっては営業時間が早くなったり運休していることがあるので、旅行前には必ずチェックするようにしてください。

ロンドンパスの利用がお得


引用元:KKday

ロンドンは、ロンドンパスを利用するとかなりお得に観光できます。

  • ロンドンの80以上の観光スポット&ツアーが無料
  • テムズ川クルーズも無料
  • ホップオンホップオフバスに1日乗り放題
  • 一部のショップで割引あり
  • QRコードの提示だけで入場可能 ※一部例外あり

というパスで、有料観光スポットに3個以上入るだけで元が取れるくらいの価格設定になっています。

上記のモデルコースの通りに観光するなら、個別にチケットを買うより£71.8もお得です!物価の高いロンドンを観光では使いこなしたいパスです。ぜひお得に観光してくださいね。

目的別のロンドン観光プラン

とにかく安く抑えたい人向けの観光プラン

とにかく安く観光したい人は、無料の博物館&美術館を巡りましょう。無料といってもハイクオリティで大満足間違いなしです!

▼無料の博物館&美術館&イベント
・バッキンガム宮殿の衛兵交代式 ▻詳細
・大英博物館 ▻詳細
・ナショナルギャラリー ▻詳細
・ロンドン自然史博物館 ▻詳細
・ビクトリア・アルバート博物館 ▻詳細
・科学博物館 ▻詳細

どこも大きい施設なので、2~3日に分けて観光すると◎

無料の施設なので入場チケットは必要ありませんが、公式サイトで入場時間帯を予約しておくとスムーズに入場できます。

ハリーポッター好きにおすすめの観光プラン

ロンドンといえばハリーポッターですよね!ハリポタ好きにおすすめのスポットは以下の2つ。

▼ハリーポッター関連の観光スポット
・キングス・クロス駅(9と3/4番線)▻詳細
・ハリーポッタースタジオ ▻詳細

ハリーポッタースタジオは、実際に映画に使用されたセットや道具が展示されています。ハリポタ好きにはたまりません!大人気でチケットが売り切れやすいので、予約は早めがおすすめです。

>> ハリーポッタースタジオのチケット予約

ハリーポッタースタジオにも9と3/4番線が再現されているので、スタジオに行くならキングスクロス駅に行く必要はありません。スタジオまで行く時間がない…という方はキングスクロス駅を楽しんでくださいね。

ロンドンの観光スポット

バッキンガム宮殿

バッキンガム宮殿はイギリス王室の公邸。夏の間は内部が一般公開されていて、国賓室、女王のギャラリーなどを見学することができます。

内部だけでなく、衛兵交代式も必見!イギリス観光の名物です。

1回45分も続く長いショーです。無料で観覧できるのがすごいですよね!

無料なだけあって、最前列で見るなら開始1時間半くらい前から場所取りする必要があります。最前列にこだわらず行進を見れたらいいや、くらいの人は30分くらい前に行けばOKです。

▼衛兵交代式のスケジュールはこちら

  • 4月~7月:毎日
  • 8月~3月:月、水、金、日曜
  • 11:00~12:00

具体的なスケジュールは公式サイトをチェックしてくださいね。

>>公式サイト|衛兵交代式スケジュール

ウェストミンスター宮殿&ビッグ・ベン

ロンドンのランドマークとして有名なのが時計塔のビッグ・ベン。実はこのビッグ・ベン、ウェストミンスター宮殿の一部なのです。

ウェストミンスター宮殿は世界遺産で、現在は国会議事堂として使われています。

見学ツアーに参加すると、内部を見学できます。ツアーは毎日開催しているわけではないので、見学するなら早めに公式サイトをチェックしてくださいね。ロンドンパスは対象外です。

>> ウェストミンスター宮殿公式サイト|内部見学ツアー

ウェストミンスター寺院

ウェストミンスター宮殿の隣にあり、英国の君主の戴冠式や葬儀の場として伝統的に使用されてきたウェストミンスター寺院。ウェストミンスター宮殿とウェストミンスター寺院のセットで世界遺産に登録されています。

最近だと、

  • 2011年にウィリアム王子とキャサリン妃が結婚式
  • 2022年にエリザベス女王の国葬

が行われた、歴史的に重要な場所です。

内部の美しいチャペル、イギリスの歴代国王のお墓などは必見!ぜひ内部を見学してみましょう。ロンドンパスの対象施設です。

大英博物館

大英博物館は、歴史的・考古学的コレクションを集めた大規模な博物館です。

ロゼッタストーン、ヒエログリフ、モアイ像、黄金のミイラの棺など、歴史的に重要な展示品が数多く展示されています。

入場料はなんと無料!なぜならイギリスの国の政策として、「アートはみんなの物であり、みんなに平等に開放されるべき」とされているからです。寄付金で成り立っているので、余裕があれば寄付しましょう。

内部なかなり広いので、事前に目当ての作品をピックアップしておくと◎

ナショナル・ギャラリー

世界有数のアート・コレクションを所蔵するナショナル・ギャラリー。

  • ゴッホの「ひまわり」
  • フェルメールの「ヴァージナルの前に立つ女」
  • ラファエロの「カーネーションの聖母」
  • ヤン・ファン・エイクの「アルノルフィーニ夫妻像」
  • レオナルド・ダ・ヴィンチの「岩窟の聖母」

など、有名作品が数多く展示されています。こちらも入場料は無料なのが嬉しいですね。

内部なかなり広いので、事前に目当ての作品をピックアップしておくと◎

セントポール大聖堂

英国重要建造物に指定されているセントポール大聖堂。

イギリスの有名建築家クリストファー・レンが手掛けた建築物で、最高傑作といわれています。

1965年のウィンストン・チャーチル元首相の葬儀や、1981年のチャールズ皇太子と故ダイアナ妃の結婚式など、英国の歴史における重要な瞬間の舞台となった場所です。

豪華な内装や美しいステンドグラスも必見!

塔には登ることもでき、ロンドン市内を360°見渡せます。ロンドンパスで無料で入場できるので、ぜひ訪れてみてくださいね。

タワー・ブリッジ

ロンドンの有名なランドマークであるタワー・ブリッジ!

タワーブリッジの内部に入れるタワーブリッジ・エキシビジョンでは、

  • タワーブリッジの歴史や建設方法の展示
  • タワーブリッジの2つの塔をつなぐガラス張りの歩道

などを楽しむことができます。ガラス張りの歩道は高いところに架かっている展望通路で、金融街などを見た渡すこともできて◎

ロンドンパスで無料&優先入場できます。

また、テムズ川を大きな船を通るとき、タワーブリッジの跳ね橋が開くようになっています。数日に1回しか開かないので、見たい方はスケジュールをチェックしてくださいね。

>>公式サイト|タワーブリッジ開閉のスケジュール

ロンドン塔

ロンドン塔は、ロンドン中心部のテムズ川北岸にある歴史的なお城です。

1066年に設立され、王室の王冠を飾る宝石やさまざまな展示品が展示されています。世界最大のカット・ダイヤモンドも保管されています。

牢獄や処刑場として利用されてきた歴史があり、権力争いによって処刑された人々の亡霊が今もさまよっているのだとか。

王室の光と影を物語るロンドン塔で、ロンドンの歴史を学びましょう。

ザ・シャード

ロンドンの街やテムズ川を一望できる展望台として人気のザ・シャード。ヨーロッパで一番高いビルで、特に夜景観賞スポットとして人気です。

展望フロアにはバーが用意されていて、ドリンクが楽しめます。ドリンク片手に日没をゆっくり待ちながら過ごしましょう。

展望フロアは68階~72階ですが、34階にあるレストランも景色がよく人気があります。

テムズ川クルーズ

ロンドンの街をテムズ川から眺められるクルーズは、人気の観光方法のひとつ!

  • タワー・ブリッジ
  • ビッグ・ベン
  • 大観覧車ロンドン・アイ

などの有名なランドマークを眺めることができます。テムズ川クルーズはロンドンパスに含まれていて、無料で体験可能です。

特別な思い出にしたい人は、飲食しながら楽しめるディナークルーズやランチクルーズもおすすめ!

>> テムズ川ディナークルーズ&ランチクルーズ

グリニッジ天文台

セカイの時間の基準となるグリニッジ標準時(経度0、本初子午線)があるのがグリニッジ天文台。教科書で学んだ場所に実際に行けるのはワクワクしますね。

現在は博物館になっています。時計や宇宙に興味のある人におすすめです。

ロンドンパスで無料で入場できます。

国立海事博物館(オールド・ロイヤル・ネイバル・カレッジ)

イギリス海軍と海事の歴史を学べる国立海事博物館。イギリスの大航海時代を支えていた港町グリニッジを訪れるなら、ぜひ行っておきたい博物館です。

  • イギリス海軍の歴史や生活の様子
  • GPSがなかった時代の航海の様子
  • イギリス最大の英雄、ネルソン提督に関する資料

など、貴重なコレクションが展示されています。

ロンドンパスで無料で入場できます。

カティ・サーク号

カティ・サーク号は、19世紀に造られたイギリスの快速帆船。当時は世界最速を誇った船で、中国からイギリスまで紅茶を輸送するティー・クリッパーとしていかに最速で一番茶を届けるかを競っていた船のひとつです。

現在は、内部にカティ・サーク号の歴史や、当時の貿易の様子が展示されています。ギフトショップもありますよ。

ロンドンパスで無料で入場できます。

ウィンザー城

イギリス最大&最古の公邸のひとつであるウィンザー城。王族の公邸として1000年近くの歴史があります。

  • 豪華絢爛なステート・アパートメント
  • 迷宮のようなドールハウス
  • ロイヤルウェディングが行われたセント・ジョージ礼拝堂
  • 衛兵交代

などの見どころがたくさんあります。

ロンドンからは片道1時間ほど西に行ったところにあります。同じく西側にあるストーンヘンジやバースと組み合わせた日帰りツアーが人気です。

>> ロンドン発ウィンザー城&ストーンヘンジ&バースの日帰りツアー

日によっては日本語ツアーもあるので、チェックしてみてくださいね。

ロンドンパスで無料入場できますが、木曜~月曜のPM1:00以降のみという条件があるので、注意してください。

ストーンヘンジ

平地に突然現れる円形に並べられた巨大な石、ストーンヘンジ。世界遺産に登録されています。

紀元前2,500年~2,000年に建てられたとされています。建てられた具体的な目的は分かっておらず、神秘的で不思議な遺跡です。

バース

バースは、イギリスで唯一天然温泉が湧き出る街です。英語のお風呂Bathの語源になったともいわれる街で、紀元前から温泉地として栄えていたのだとか。

特に有名なのが、聖なる泉と呼ばれる「ローマン・バス」。入浴することはできませんが、今でも温泉が湧き出ており、浴場跡と神殿跡を見学することができます。

ロンドン・アイ

ロンドン・アイはヨーロッパ最大の大観覧車。2008年にシンガポールに巨大観覧車ができるまで、世界最大の観覧車としてギネスブックにも登録されていました。

32基のカプセルがあり、それぞれに25人が乗ることができます。

ロンドンの壮大な景色をロンドン・アイの頂上から見渡しましょう!1周するのに30分かかります。

>> ロンドンアイ入場チケット

キングス・クロス駅(9と3/4番線)

実際の駅として使用されているキングス・クロス駅。

ハリーポッターでホグワーツに行くときに、9と3/4番線に突っ込んで壁に入り込んだシーンが有名ですよね!実際のキングス・クロス駅には、ハリポタファンのためにカートが壁に突っ込んでいる撮影スポットが用意されているのです。

営業時間外はハリポタ用セットの写真が撮れなくなるので、時間内に行きましょう。

  • 月曜~土曜:8時~20時
  • 日曜:9時~20時

となっています。

営業時間といっても、自分が持っているカメラで写真を撮るなら無料でOKです。専用カメラマンが駐在していて、撮影してもらった写真を買うなら有料となっています。

ロンドン自然史博物館

動物学・昆虫学・古生物学・植物学・鉱物学の5つの分野からなるロンドン自然史博物館。

入口すぐにある大きなシロナガスクジラの標本は圧巻です!

他にも動くティラノサウルスや恐竜の化石が展示されていて、説明を読まなくても直感的に楽しめる博物館です。恐竜や動物好きのお子さんにも◎ 実際に小さなお子さん連れの家族がたくさん来ていました。

入場料は無料です。ロンドン自然史博物館、ビクトリア・アルバート博物館、科学博物館は近くに建っていて全て無料なので、博物館をハシゴして楽しむのもおすすめです。

ビクトリア・アルバート博物館

ヴィクトリア・アンド・アルバート博物館は、美術とデザインに関する博物館です。

芸術とデザインの歴史と進化をテーマとした145以上のギャラリーがあり、テキスタイル、衣装、家具、彫刻、絵画、写真などのコレクションを収蔵しています。

日本の文化を紹介するコーナーもありました。キティちゃんやゴスロリ衣装など、海外から日本がどう見えているのかが知れて面白いです。

入場料は無料です。

科学博物館

科学博物館は、化学・物理・宇宙・天文学などの科学の発展に関する博物館です。

以下のような有名な展示品があります。

  • ガリレオ・ガリレイの望遠鏡
  • ジョージ・アダムスの顕微鏡
  • 世界最古の蒸気機関車「パッフィング・ビリー」
  • グラハム・ベルの世界初の電話

その他にもペニシリンの開発やアポロ10号の指令室など、科学好きにはたまらない展示品が盛りだくさん!入場料は無料です。

キュー王立植物園

世界遺産のキュー王立植物園。世界でもっとも有名な植物園で、膨大な資料を有しています。

東京ドーム約28個分のとっても広い植物園です。ロンドン中心部からキュー王立植物園まで片道1時間弱かかるのと、敷地が広くて滞在時間が長くなるので、半日~1日かけてゆっくり楽しみましょう。

ロンドンパスで無料で入場できます。

ケンジントン宮殿

ロンドンの皇居として利用されているケンジントン宮殿。現在は、ウィリアム王子とキャサリン妃が居住しています。

ロンドン屈指の優雅な宮殿で、内部は見学できるようになっています。ロンドンパスで無料で入場できるので、訪れてみてくださいね。

ハンプトン・コート宮殿

ハンプトン・コート宮殿は、イギリス王室所有の宮殿です。ヘンリー8世がかつて住んでいた宮殿で、豪華なタペストリーや絵画といった見どころがあります。

大きな庭園も人気の観光ポイントです。

ロンドンパスで無料で入場できます。

アビーロード(ビートルズの横断歩道)

ビートルズの12作目のアルバム「Abbey Road」のジャケットになった、ロンドンにあるアビーロード。

ビートルズの4人が並んだジャケット写真は有名ですよね!

ビートルズファンなら訪れたい聖地です。実際に横断歩道として使われている道なので車が通ります。ちゃんと交通ルールを守って写真撮影してくださいね。

マダム・タッソ―館

ビートルズ

まるで生きているかのような蝋人形が展示されているマダム・タッソー館。

世界中の主要都市にある蝋人形館ですが、ロンドンでは

  • ビートルズ
  • チャールズ・チャップリン
  • マリリン・モンロー
  • マイケル・ジャクソン

などの著名人が展示されています。ぜひ隣で写真を撮ってみてくださいね。

本場アフタヌーンティーを体験する

ロンドンで体験したいのが本場のアフタヌーンティー。かつてイギリスで、上流階級の社交場となっていた背景から根付いた文化です。

豪華な一流ホテルでいただくアフタヌーンティーは本格的で、まるで貴族になったような気分!お値段は高いですが、人生で一度は味わってみたい本場の雰囲気です。紅茶やペストリーが食べ放題だったり、生演奏があったりと、値段相応の豪華なサービスが受けられます。

特に人気なアフタヌーンティー店は、

どこも人気で予約が埋まりやすいので、早めに座席を予約するようにしましょう。

お役立ち情報

バス・電車の利用方法

ロンドンのバス・鉄道は、クレジットカードのタッチ決済で乗ることができます。以前はロンドンの乗車ICカード「オイスターカード」が必要でしたが、現在はタッチ決済できるクレジットカードがあればOKです。

▼バスの乗り方

  • 前のドアから乗車する
  • 運転席付近にある支払い機にクレジットカードをタッチ
  • 乗車
  • 降りるときはタッチ不要

▼鉄道の乗り方

  • 改札口にクレジットカードをタッチして入場
  • 乗車
  • 改札口にクレジットカードをタッチして退場

タッチ決済するクレジットカードは、以下のようなスマートフォンに連携しているものでもOKでした。

ルート検索はGoogle Mapsが便利です。行き先と現在地を入力するとバス・鉄道の路線名や時刻を表示してくれます。

Google マップ -  乗換案内 & グルメ

 

Google マップ – 乗換案内 & グルメ

Google LLC無料posted withアプリーチ

値段や利用時の注意点はこちらのサイトで詳しく解説されていました。

まとめ

以上、ロンドン観光のモデルコースと有名観光スポットを紹介しました。

  • ロンドンの観光日数:4日の滞在がおすすめ。無料の博物館&美術館巡り…1~2日、有料観光スポット巡り…2日、ストーンヘンジやコッツウォルズ…ロンドンから日帰り可能
  • ロンドン観光のモデルコース:1日目…無料で観光できる博物館&美術館へ、2&3日目…ロンドンパスを使って主要な観光スポットを観光、4日目…ロンドンの西側にあるストーンヘンジやウィンザー城へ
  • ロンドンパス:ロンドンの80以上の観光スポット&ツアーが無料になるパス、有料観光スポットに3個以上入るだけで元が取れるくらいの価格設定でお得
  • お役立ち情報:バス・電車はタッチ決済のクレジットカードで乗車可能、ルート検索はGoogle Mapsが便利

どこに行こうか迷ってしまうほど魅力の多いロンドン!ぜひ好みに合わせて観光プランを組んでみてくださいね。

おすすめ記事

▼ロンドンパスの解説記事

お得に観光するならロンドンパス!安く購入する方法・おすすめルート・使い方を解説
ロンドンは博物館や美術館が無料で開放されていて、観光地として人気です。が、有料の観光スポットは入場料が高く5,000円近いものも。有料の観光スポットを巡るなら、ロンドンパスを上手に使いこなしましょう!ロンドンにある80以上の有料観光スポット

▼イギリス旅行におすすめのeSIM

イギリス旅行におすすめのeSIMはこれ!目的別に安い・無制限・電話番号つきなど比較
「イギリスに旅行することになったけど、ネットはどうしよう?」という方に向けて、イギリス旅行におすすめのeSIMをまとめました。結論から言うと、一番安いeSIMを使いたい人→Ubigiデータ無制限のeSIMを使いたい人→HolaflyかGet

コメント

タイトルとURLをコピーしました